「マジカルチェンジコンピ!!2A」感想

2012-M3(秋)にて頒布された「マジカルチェンジコンピ!!2」Aサイドの感想です。

M-1 Lento / 藤里
タイトル通り、lento(遅く演奏せよという音楽用語)な曲。アコースティックな音色使い。
(アンプラグドって呼称、商標登録されてるんですねぇ最近知った。プラグレスとも言うらしい)
リミックスのベースとするにはキッチリしすぎるかな?と思ったのですが
(あの曲がこの曲になるのか……超すげぇ……!)となるわけです。

3拍子でのアプローチなので「ああコレは誰が拍をいじるかな?」というせめぎあいも全体を通して出たかもしれません。

M-2 325÷2 / くふ
穏やか目、ジャジーな雰囲気の曲です。タイトルは「スリートゥファイブワルツ」と読むらしいです。
キメ細やかなドラムトラックがお気に入り。こういうスネアロールを使いこなせたら高揚感を引き出せそう。

M-3 不思議道中記 / エイジャ
旅愁と異国情緒とでも言うんでしょうか、ファンタジー?メルヘン?な雰囲気に移り変わっています。
金物の使い方が、飛び道具的な使い方でハマっています。
音色の入り混じり方が心地よかった……!

M-4 from morning to night / とび
爽やかーに染みいるトラック。本作で一番落ち着いてると思います。
退屈しないのは、きっと細かいアプローチを聞き手側にインプットさせる手法が巧みなんだろうと解釈してます。
「嵐の前の静けさ」と言うとネタバレ気味なのですが、そういった意味では要所ですね。

M-5 Happy Hardcore Remix(Short Edit) / sdhizumi
このトラックから本作の方向性がぶっ飛びました……!
こういうリード?ベースってどーやって音作ってるのかホント分からないのですが、”音作り”だけに頼らないトラックです。
「後続へのバトンタッチを考えた」とのコメントがありましたが、そういう意味でもGJだと思います。

M-6 Dreamin’ Anthem / Freezer feat.せんざい
まさかのVo.入りwww
所々で挿入される男性Vo.が担う、リズムのフェイク的な要素がツボです。
BPMではなくフィルターの使い方で緩急をつけてるんだろうナァと勝手に思っています。
雰囲気で感じるモノだとは思いますが、それでもドコかに歌詞置いてほしかった……!

M-7 マジカ”ルゼ”アクション編曲バトル! / ルゼ
楽曲の破壊と再構築、極まってます!ここまでくるとGabbaってジャンルになるのかな。
ラストのグリッチでグッチャグチャに崩しているのが印象的。
トラックのオールリピートでM-1に戻ったときには、また違った印象を与えてくれます。

蛇足的なアレ
実を言うとM-5~M-7までのジャンルを普段聴くことがないので、マジコン2みたいに
馴染みのある曲からフォークしてアレンジ、その流れで聴けるとスッと聴きいれるので
そういった意味でもありがたいコンピでしたね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中